賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸は時代にあった選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にはマイホームを購入することがひとつの目標になっており、「持ち家なら家賃と同じくらいのローンを月々に支払えば自分のものになるので、賃貸住宅に家賃を払い続けるより得だ」という意見もあります。しかし、物凄い速さで変わっていく現代において、ほとんどの人がローンを組む30年をいう長い期間で貨幣の価値がどう変化するか分かりません。勤めている会社も安泰とも限りません。賃貸なら、自分のライフスタイルや収入に合わせて引越しができるので、時代の変化に対応しやすいと思います。

また、現在、少子高齢化の今、所有者が亡くなったり施設に入居するなどして、とても空き家が増えています。現在の税金の仕組みでは「住宅用地は固定資産税が優遇される」ので、家を取り壊すための費用をかけて固定資産の高い更地にするよりも、空き家を放置してしまうケースがとても多いそうです。人が住まない家は、手入れがされないまま、どんどん朽ちてしまいます。このような空き家の所有者やその家族の方は「放置しておくよりは誰かに住んでもらいたい」と考えているようです。そのため、今後はこういった空き家が賃貸住宅として活躍していくことでしょう。

逆に、自身が土地と家を購入した場合、老後に家を手放したいと思っても、築30年も経った家屋は値段がつく可能性は低く、ほぼ土地のみが売却の対象になると思います。しかし、若い世代の人数が減ってしまえば需要と供給の関係で、購入時より安くなってしまう可能性も十分考えられます。よって、賃貸住宅は今、そしてこれからの時代にあった選択と考えられます。