賃貸アパート経営と家賃保証

内見時に得られる情報が賃貸選びで重視すべき情報だと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を選ぶ時に何を一番重視するべきかと訊かれれば、それは内見だと答えます。内見とは実際に物件の中を見せてもらうことを言います。どうして内見が一番重要なのかというと、それによって得られる情報が最も正確で重要なものだからです。

内見以外にも賃貸物件に関する情報を得る方法はたくさんあります。その代表的なものは、入居者募集の広告だと思います。入居者募集の広告は、インターネットや雑誌などにより入手することができます。インターネットには、そういった広告を集めて検索できる機能を持ったサイトもたくさんあります。そういったサイトを利用することにより情報はたくさん得ることができます。しかし、そういったことにより得られる情報よりも、実際に物件を見た時に得られる情報の方が契約をするかどうかを決める要素としては重要なものだと思います。実際に住んだ時に見ることになるのは、その物件であり、その物件に関する文字や図面による情報ではないからです。ですから、内見は、実際に住んだ時に感じることを感じられる貴重な機会であり、その機会により得られる情報こそが、賃貸を選ぶ時に非常に重要になる情報だと思うのです。ですから、賃貸物件を選ぶ時に内見を最も重視するべきだと思うのです。