賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸アパートに住むメリットとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

一生とまではいかなくても相当の期間、賃貸アパートに住むという場合のメリットとは何でしょう。いくつかありますが、まず挙げられるのが、賃貸に住んでいる間に住宅取得のために頭金を貯めることができるということです。終の棲家に近い持家を買うためにはそれなりの資金が必要です。若いうちに買うのであれば長期間のローンという手もありますが、できれば住宅ローンは少ない方がいいでしょうから、そのためにも頭金はまとまった額が必要です。賃貸に住むことによってお金を貯める時間を稼ぐことができます。

また、賃貸物件であれば容易に住み換えることが可能です。特に更新があるような契約の場合には、そのタイミングで転居すると更新料の無駄が省けるでしょう。音がうるさい、匂いがきになる、隣人と折り合いが悪いという場合にも有効ですし、子供が大きくなったのでもう一部屋多い物件に住み換えるということも簡単にできます。

さらに、住み換えるという観点では、常に最新の設備の物件に住むことができるというメリットもあります。特に水回りについては劣化は必ずありますし、設備の技術進歩も早いです。さらには間取りにも流行りがありますから、常に最新の状態を求めるのであれば賃貸を選択することで自分の欲求を満たすことが可能になります。