賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸アパートに住む場合は音に注意する

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートに住む場合に警戒しなければならない点は音です。騒音に関するトラブルを自分で起こせば注意を受けることになりますし、上下階や横の部屋からの音に悩まされるようであれば快適に過ごすことは難しいです。最悪の場合には深刻なトラブルに発展する場合もありますので、最も注意すべき事項です。

分譲マンションや一軒家であれば、隣戸との防音、遮音は構造の面でかなり軽減されるはずです。あまり安普請の分譲マンションでは売れないでしょう。一軒家であれば、相当の騒音でなければ隣戸が離れている関係上、深刻なトラブルになる可能性は低いです。しかし賃貸アパートの場合は分譲マンションほど遮音性能は良くないことが一般的ですので物件を確認する際のポイントになるのです。

音に関するトラブルを避ける方法は2つです。まずは部屋の位置です。可能であれば一番上の階を選ぶといいでしょう。上からの騒音の可能性を排除できます。また、下見の段階で、隣戸や上下階の玄関ポーチを見てみることも効果的です。三輪車などがあれば騒音がする可能性は高くなるので避けるべきでしょう。もう一つの方法は、口コミや図面などで構造上の遮音性を確認することです。これは難しいかもしれませんが、可能であればチェックしましょう。