賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸アパートの入居審査

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートに入居したいと思ってもいくつかのハードルがあります。もちろん、希望の地域の希望物件に空きがあるかどうかが最初のハードル、次が家賃などの経済的な条件が二番目のハードルです。これはあえて指摘するまでもなく、誰もが想像できることですが、最後のハードルが難関として立ちはだかる場合があります。それが入居審査です。

しっかりした管理をしているアパートであるほど入居審査は厳しくなります。入居審査で重点的に確認されるのはなんといっても安定した収入があるかどうかなどの経済的な面です。会社員の場合は、年収がある程度あれば、源泉徴収票や所得証明書を提出することによって簡単に審査に通ることになるでしょうが、それでももう一点ポイントがあります。

それが保証人です。通常は保証人をつけないと入居できないというところが多いです。一番いいのは親や兄弟などの肉親になってもらうのがいいのですが、適切な人が見つからない場合には保証会社の家賃保証がついている物件であれば保証人不要でいけます。但し、家賃は保証料が上乗せされているので高くなります。入居審査自体は恐れることはないですが、いろいろな書類の提出もありますので落ち着いて対処する必要があります。