賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸物件を見学する時に重要な事

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を探すとなれば、インターネットから自分の希望であるエリアや家賃、間取り、その他条件などを絞って探すと思われますが実際に行ってみないと、どのような物件なのかわからないものです。その為、しっかりと内見をしてから契約をするのか否かを決めなければならないです。長く住む家になる可能性もありますので、可能な限り自分の理想に近い賃貸物件に住むためには、実際に行ってみて見ておくべき点が多々あります。

まず一つ目が、周辺の交通量や騒音などを確認する事です。いくら、条件がいい賃貸物件でも道路や線路があれば、車や電車が通りますので騒音も気になる可能性があります。特に、都心の場合は大通りに面していたり、線路が近くにあるという事も多くあります。その為、低層階の場合は騒音などを確認する事も重要です。内見に行く時間によっても異なりますが、車や電車は頻繁に通っていますので通った時の騒音がうるさくないか確認する事は大切です。また、周辺環境についても調べておく必要があります。毎日使うかもしれないコンビニや万一の時の病院などは、自宅近くにあるととても便利です。特に夜遅くまで残業をしたりする方は24時間営業のお店なども近くにあるか探す事もしておくべきです。不動産屋さんであれば大抵の事は知っていると思われますので、聞いてみるのもオススメです。