賃貸アパート経営と家賃保証

住まいに関する賃貸について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸とは、一般的には他人の物を金銭を支払って借りることをいいます。これは、継続的な契約でもあるとされています。継続的な契約というのは、一定期間もしくは半永久的に物を借りて使用したりする場合に当てはまります。賃貸において、貸す側は賃貸人で借りる側は賃借人となります。互いに義務が課されて権利が付与されることから双務有償契約となります。有償というのは、一般的には「お金が掛かりますよ」ということになりますが、法律用語は「双方が義務を負担します」ということになります。賃貸人の権利は賃料の請求権、賃借人の権利は物件の使用権や物件で瑕疵等が生じた場合に賃貸人に原状回復を請求する権利となります。義務は、賃貸人は物件引渡し義務及び原状回復義務となり、賃借人は賃料支払い義務及び「物件をきちんと綺麗に汚さず使用する善良な管理者の注意義務」が発生します。賃貸においては、事業者が物件を借りる場合については必要経費となり税法上の恩恵が期待できます。例えば、夫が給与所得者で妻がネットで商売をしている場合、妻が家賃を支払ったり光熱費等を支払えば経費となって夫の負担はある程度は軽減されることになるでしょう。

賃貸というのは、基本的には一定の期間、他人の所有物等を借りて使用することをいいます。不動産の賃貸借契約は、借りる側は登記は不要となっていますし、賃貸人と賃借人の相対的な関係に留まることになっています。一定の期間というのは、定期賃貸借や借りているものの更新制度の適用が在る場合となります。定期賃貸借契約を締結した場合、例えば、更地を「期間限定」で借りて建物を建てた場合は契約終了後は更地にしたり若しくは第三者等に引き渡したりすることが在ります。

賃貸において、「期限一切無し」というタイプが在ります。他人の土地を使用し、不動産登記をすることで無制限に使用できる地上権というものです。これは、主として他人の更地の上に事業用の建物を建てて商売を営む人が対象となっているそうです。地上権を取得して家を建てることは可能となっていますが、こういう場合は他人の土地に複数人が建物を建てることになっているそうです。地上権の場合、無期限となっているので安心して建物を使用することが可能となっています。また、地上権における債権者である「地主」は地代を請求する以外は特に負担をすることは無いとされているので、楽といえます。因みに、地代ですが、これは当事者間で取り決めが可能となっており、地代は不要とすることも可能となっているそうです。