賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸物件で一人暮らしをするときの費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めて、賃貸物件で一人暮らしをする場合は、初期費用がかかるので、ある程度費用を貯めておく必要があります。初期費用として、家賃の6ヶ月分くらいかかると言われていますが、実際にはそれ以上かかることが多いです。費用として、まず、賃貸アパートやマンションの契約費用がかかります。契約費用の内訳として、敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換料、火災保険契約金などがあります。敷金礼金は、物件によって違い、中には0円の物件もあります。相場は、敷金礼金で家賃の3ヶ月分くらいのところが多いです。しかし、敷金は、後から戻ってくるお金になります。

入居するときに、敷金礼金が0円の場合は、マンションを退去するときに、修繕費用として請求されることがあるので確認しておいたほうがいいです。そして、賃貸物件の多くが、火災保険契約が必要になります。年間1万円くらいですが、毎年支払わなければいけません。他にも、入居前に、前家賃も支払わなければいけないことが多いです。一ヶ月分の場合や、家賃の引き落としの手続きに時間がかかる場合は、二ヶ月分の家賃を支払わなければいけないこともあります。契約料金だけでなく、他にも引越し費用や家具代もかかるので、50万円くらい用意したほうがいいです。