賃貸アパート経営と家賃保証

賃貸アパート経営と家賃保証

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパート経営をする場合に問題になるのが、家賃の回収です。もちろん空室が一番困りますが、家賃を支払ってくれない借主も相当貸主にとっては頭の痛い問題です。督促しても払ってくれないというのも困りますが、もちろん夜逃げ同然でどこに行ったのかわからないというのも困ります。しかし、家賃を支払わない人に対して契約解除などをして出て行ってもらうだけではアパート経営は行き詰ってしまいます。

そういった家賃回収のリスクを減らすために、家賃保証という仕組みがあります。これはそういったことをやる保証会社というものが登場します。保証会社とアパートの家主で保証契約をします。内容は、家賃が払われなかった場合には、保証会社が家主に支払うというものです。こうすれば家主は家賃回収リスクを忘れることができます。保証会社に家主は保証料を支払います。

しかし、その保証料は家主が負担しっぱなしにするのではなく、家賃に上乗せすることになります。よく保証人不要という物件の家賃は高かったりしますが、この保証料が上乗せされているからなのです。最終的には家主の保証のために自分がその保証料を支払っているという構図になるのです。もし家賃が支払えない場合には、保証会社に支払うことになります。